2018/01/11

最近よく聞くコワーキングって何?

 

この記事を書いている人 - WRITER -

もりもり盛岡をご覧の皆さま、はじめまして。私は「コワーキングスペースもりおか」というコワーキングスペースを開いています、川村という者です。どうぞよろしくお願いいたします。

「コワーキングスペースを開いています」と言って、そもそも「コワーキング」という言葉自体がよくわからない方が多いと思います。今回は自己紹介を兼ねて、「コワーキング」について簡単に説明していきます。

コワーキング(coworking)」とは、「それぞれ異なる職業や仕事を持った人が、会議室やフリースペースなどひとつの空間の中に集まって共有し、時間をみて相互にコミュニケーションを取りながら各々の仕事をしていくワーキングスタイル」のことを言っています。

例えていえば「試験勉強で友達と集まって勉強会を自宅や友達の家でパーティーをするような感じでやる、この友達の職業や受ける試験の内容、それぞれに知り合いかどうかがそれぞれ違う」、そういうイメージでとらえるといいと思います。

 

職業と言っても、学生でもフリーランサーでも旅人でも会社員でも資格や技術を身につけるために勉強する人でも、職種は何でも問いません。

何かサークルとか団体に所属していなければならないということもありません。どなたでも参加できますし、主催になって公民館やカフェを借りてやることもできます。

というわけで、場所も基本的にはどこでもできます(では何で私はコワーキングスペースをやっているのかという疑問も生まれますが、これについてはまた次回に)。

そんなコワーキングというワーキングスタイルを通じて、「効率よく仕事ができてはかどった」「ちょっとした会話から、悩んでいた問題を解決することができた」「営業でふらっと立ち寄って自己紹介や販売している商品やサービスを紹介したら、飛ぶように商談が成立した」というケースを体験した人が次々と出てきて、全世界に普及していきました。

 

日本では2010年に神戸に日本初のコワーキングスペースができ、全国300か所、県内に6か所のコワーキングスペースがあります。また、2017年の流行語大賞に「インスタ映え」が選ばれましたが、その中の「インスタ(インスタグラム)」というのはアメリカのコワーキングスペースから生まれたアプリだと言われています。

 

私は東京にそんなにコワーキングスペースがない頃に行ってその時やっていた販売の仕事を自己紹介したら、商談が進んでいった経験をしたのが、コワーキングスペースもりおかをやろうと思ったきっかけになっています。

という具合に「コワーキング」についてざっくりと説明しましたが、そんなコワーキングができる場所というのが「コワーキングスペース」ということになります。

 

しかしここまで読んでみて、「コワーキングは別にコワーキングスペースだけでやるものでもなさそうだし、やる必要がないんじゃないの?」と気づく方もいるでしょう。

 

でも、私はこれからコワーキングスペースは街にとって欠かせなくなる施設になると考えてやっております。

どうしてそう思うのか、これからちょこちょこコラムに載せていこうと思います。よろしくお願いいたします。

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© もりもり盛岡 , 2018 All Rights Reserved.