2017/12/06

クリスマスのデートプランのひとつに 2017年12月23日(土)~ 篠山紀信展 岩手県立美術館

 

この記事を書いている人 - WRITER -
もりもり盛岡編集長。記事を書き始めてからまだ1カ月弱ですが、より良い情報をお伝えしていきます。現在月間10万PVを目指して日々更新中。

岩手県立美術館では、2017年12月23日(土・祝)―2018年2月18日(日)の間 篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHINが開催されます。

写真家、篠山紀信がデビュー以来撮影し続けてきた「有名人」たちの写真約110点を展示し、「写真」そのものに備わっている「写真力」をご紹介する企画展です。

初日には篠山紀信トーク&サイン会も

日  時:2017年12月23日(土・祝) 14:00-15:30
場  所:ホール
参 加 料:無料(企画展観覧券または半券をご提示いただきます)

プロフィール

写真家の篠山紀信(1940 – )は、1950年代後半から現在に至るまで、作家、アイドル、俳優、スポーツ選手ら国内外の著名人の写真を撮り続けたほかに、日本の芸能、ヌードと自然、都市と建築など様々なテーマに取り組んだ作品を発表してきました。特に彼の撮影した人物たちは、時にセンセーショナルな形で世間の注目を集めつつも、その明快な美しさと強力なインパクトによって多くの人々を魅了しています。50余年にわたる活動を経て今なお彼の創作意欲はとどまるところを知らず、日本を代表する写真家としてパワフルな活動を続けています。

本展は、篠山紀信が「写真」そのものに備わっている強力な「写真力」をあらためて世に問う展覧会です。ジョン・レノンとオノ・ヨーコ、大原麗子、山口百恵から市川海老蔵といった有名人から東日本大震災で被災された方々まで、篠山が撮り続けてきた膨大な数のポートレートの中から約110点を厳選し、「GOD」(鬼籍に入られた人々)、「STAR」(すべての人々に知られる有名人)、「SPECTACLE」(私たちを異次元に連れ出す夢の世界)、「BODY」(裸の肉体―美とエロスと闘い)、「ACCIDENTS」(2011年3月11日―東日本大震災で被災された人々の肖像)の5つのセクションで紹介します。

見上げるほど巨大な画面に写る人々の姿は、「日本」とは何か、「日本人」とは何かを見る者に問いかけ、さらには写真の持つ強い力やその可能性までも気づかせてくれることでしょう。

圧倒的なまでの迫力に満ちた、篠山紀信の世界をお楽しみください。

日時 観覧料など

2017年12月23日(土・祝)―2018年2月18日(日)
会  場:岩手県立美術館 企画展示室
開館時間:9:30-18:00(入館は17:30まで)
休 館 日 :月曜日(12月25日、1月8日、2月12日は開館)、12月29日―1月2日、1月9日、2月13日

観 覧 料 :
[一般] 前売1,000円(当日1,200円)、[高校生・学生]前売600円(当日700円)、[小学生・中学生]前売400円(当日500円)

(1月16日(火)ー1月19日(金)は展示替のため常設展はご覧いただけません)

【前売券販売所】※販売は12月22日(金)まで
岩手県立美術館、岩手県民会館、
指定プレイガイド 〔カワトク/アネックスカワトク/フェザン/イトーヨーカドー花巻店/東山堂書店(肴町本店・イオン前潟店・イオン南店・三ツ割店・都南店・北上店)/さわや書店本店/江釣子SCパル/メイプル/いわて生協(コープ高松・ベルフ仙北・ベルフ山岸・ベルフまつぞの・ベルフ青山・ベルフ牧野林・ベルフ八幡平)/テレビ岩手アカデミー/ローソン(Lコード:22063)/セブン-イレブン〕

 

聖なる夜のクリスマスや冬休みのデートプランとして 写真展 を選んでみてはいかがでしょうか?

岩手県立美術館 篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN 詳細ページ

この記事を書いている人 - WRITER -
もりもり盛岡編集長。記事を書き始めてからまだ1カ月弱ですが、より良い情報をお伝えしていきます。現在月間10万PVを目指して日々更新中。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© もりもり盛岡 , 2017 All Rights Reserved.