知っておかないと恥ずかしい?! もりおかあるある 第2弾

 

この記事を書いている人 - WRITER -
もりもり盛岡編集長。記事を書き始めてからまだ1カ月弱ですが、より良い情報をお伝えしていきます。現在月間10万PVを目指して日々更新中。

 

あなたが伝えたその言葉、他県の人には伝わっていないかも?!

すでに全国区 「書かさらない」

 

このペン「書かさらないんだけど」と言った瞬間、あなたが岩手県民だということがバレてしまうほど、最も有名な方言。

他県はみな、書けないんだけど ですからね(^^ゞ

 

「いずい」ってどんな意味?

 

「 なんかこの辺(体の一部)が”いずい”んだけど。」

これも岩手 とくに盛岡の人たちがよく使う言葉。

 

いずいは標準語でいうところの”しっくりこない”が最も近いニュアンス。

たまに、東京の人たちに「いずい」と伝えると、自分たちのことが嫌いなのかと誤解されるので注意しましょう。

 

「投げて」と伝えたら本当に投げられる

 

「そこのゴミ、投げておいて」

と伝えると、県民以外は本当にボールを投げる感覚でその場で投げられるかも?!

投げるは方言だということを忘れないように。

 

現在進行形を過去形で伝える岩手県民

友人:「今何しているの?」

自分:「遊んでた」

この会話に特に違和感がないなら結構問題かも(笑)

もし、”今も”遊んでいるなら、そのまま遊んでるよ でいいはずなのに、岩手県民は遊んで”た”という過去形を使ってしまう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

意外と使っている言葉が多いかもと思ったら、正真正銘の岩手県民。

標準語に直すのではなく、自信をもって方言を使っていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
もりもり盛岡編集長。記事を書き始めてからまだ1カ月弱ですが、より良い情報をお伝えしていきます。現在月間10万PVを目指して日々更新中。
 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© もりもり盛岡 , 2017 All Rights Reserved.