「灯のある暮らしを」アロマキャンドルショップ LUONTOさん

 

この記事を書いている人 - WRITER -
もりもり盛岡の運営スタッフ。好きなことは、美味しいものを食べること。マイブームはパン屋さん巡り!嫌いなものは、氷点下の寒さ。盛岡の冬って、どうしてこんなに寒いのでしょう...。

今回は、南仙北のキャンドルショップ LUONTOさんへ。

天然の精油をブレンドして作ったキャンドルや廃棄されるものや飾られ終わったお花を再利用したキャンドルを制作されていらっしゃいます。

オーナーの佐々木さんにお話を伺ってきました。

アロマを始めたキッカケ、キャンドルを始めたキッカケは何だったのでしょう?

友人のつながりで、関東のアロマの先生に出会ったことがキッカケです。先生がアロマの箱を開けて、中に小瓶が沢山入っているのを見た時、ものすごくワクワクして。さらにその中の1本の香りを嗅いだ時、心が開いたような、扉がバンッと開いたような感覚があって。

この感覚が忘れられず「ちょっと勉強をしたい」と思って、横浜在住の先生に無理を言い、盛岡から学ばせて頂きました(^^)そうやって10年前、アロマの資格を取得しました。

キャンドルを始めたきっかけは、資格を取って「さて、これをどう活かそうか?」となった時、一番手軽なのはキャンドルじゃないかな?と思って。あとは、たまたまお店さんから、声をかけて頂いたので、初めからキャンドルブランドを立ち上げて・商品化するところから始めることができました。

キャンドルを作っている時は、どんなことを考えているんですか?

極力、自分の気持ちや考えが入らないように気をつけて作っています。だから気分が悪い日・乗らない人は、絶対に触れないように気をつけています。

最初のうちに(どういうものを作るか)考えて、手を動かす時は何も考えないようにしています。

植物のキャンドルを作る時は、花びら一枚一枚をテーブルに並べて、一枚ずつ取ってそれぞれの形に合わせて入れていくような作業なので、あまり深く考えることはなく・・・。目の前にある素材が「どうしたら可愛くなるかな?」を考えながらやるのが楽しいですね(^^)

>>店舗内の壁面はどこを見ても、小瓶・植物で美しくレイアウトされています。嗅覚から視覚から、癒される空間でした。

どんな方が来店されるんですか?

最近は、贈り物をお探しの方が多いです。

香りをブレンドして差し上げる「香りの薬局」というワークもやっているので、「香りをブレンドして欲しいです」という方もいらっしゃいますね。あまり深くはお聞きしませんが、お話を聞いているうちに、イメージに湧いた香りをブレンドしていきます。

お客様によってできてくる香りが全く違ってくるので、そういうのも面白いです。

八戸のお客様とか、わざわざ電車に乗って訪ねて来てくださるんですよ!

本当にありがたいですね。

ホワイトデーの頃は、朝からずっと男性客しかいない、という日もありましたね(笑)

佐々木さんは、日々どんな風にキャンドルを使われているのですか?

日が暮れる前からつけて、暗くなるまでずっと着けたままでいたりします。見えるうちまではキャンドルの明かりだけで食事の準備をしたりとか。。。

家中にあるので、だんだん置けなくなってきました(笑)

>>キャンドルというと、リラックスタイムに使うイメージがありましたが、そんな風に日常使いができるというのが新しい発見でした!部屋ごと、気分ごとのお勧めキャンドルを、佐々木さんに教えて頂くのも楽しい&贅沢ですね^^

キャンドルを使うことで、どんな気持ちになって欲しいですか?

日々元気に過ごして頂きたい気持ちもありますし、香りって五感の中で最も脳と直結しているものだと思うので、気分がすぐれない時に、パッと使っていただいて気持ちを変えるきっかけにしてもらえれば・・・。

これから挑戦していきたいことはありますか?

今は、2つのラインだけなんですけど、ここからさらにラインを増やしてキャンドル以外にも挑戦できたらと思っています。

灯りがある暮らしは、いいですよ(^^)

「時間の流れ」が変わります。

・・・・・・・・・・・・・・・・

私も普段からLuontoさんのキャンドルを愛用していますが、市販のものにはない、優しく穏やかな香りに、火を灯す度に癒されています。

今回、佐々木さんにお話を聞かせて頂いて、柔らかなお人柄に触れて、「なるほど!だから、Luontoさんのキャンドルはあんなに心地よいのだな!」と一人大納得のインタビューでした。

ブレンドアロマの香りを楽しめるものから、季節の草花を楽しめるものまで、さまざまなキャンドルがありますので、実際に店舗へ足を運び、自分にあったキャンドルを選ぶことをお勧めします!

Luonto

場所:岩手県盛岡市南仙北1-19-22(喜盛の湯 向かい)

TEL:019-681-0118

Facebook / HP

この記事を書いている人 - WRITER -
もりもり盛岡の運営スタッフ。好きなことは、美味しいものを食べること。マイブームはパン屋さん巡り!嫌いなものは、氷点下の寒さ。盛岡の冬って、どうしてこんなに寒いのでしょう...。
 

Copyright© もりもり盛岡 , 2018 All Rights Reserved.