リボンワークで女子力アップ 転勤を機に新たな可能性を見つけた 福田友里さん

 

この記事を書いている人 - WRITER -
もりもり盛岡の運営スタッフ。好きなことは、美味しいものを食べること。マイブームはパン屋さん巡り!嫌いなものは、氷点下の寒さ。盛岡の冬って、どうしてこんなに寒いのでしょう...。

 

盛岡に引っ越してきて約1年半。

転勤族で家から一歩も出れなかった苦しい時期を乗り越え、リボンワークの魅力で人とのつながりを作り続ける Petit Chaleurの福田友里さんにインタビューさせていただきました!

Q.どんなお仕事をされているか教えていただいてもいいですか?

自宅サロンやカフェ、企業のイベントなどでリボンワークのレッスンを行なっています。

Q.リボンワークって何ですか?

はじめて聞く言葉ですよね(笑)

「リボンワーク」は、ヘアーアクセサリーやバッグや小物入れなどの雑貨にデコレーションするためのリボンをつくることです。ハンドメイドではありますが、針や糸を使わないのも特徴の一つですね。

最年少は3歳からシニアの方まで、誰でも簡単にできるのが魅力です!

Q.リボンワークを始めるきっかけは?

旦那さんが盛岡に転勤して1年くらい経った頃、たまたまブログで見つけたんです。

それまで慣れない土地に来たという不安から、家から一歩も出ない日々が続いていて…。これではダメだと思ってリボンワークを習いに行ったことがきっかけですね。

もともと、すごく不器用で最初は私なんかにリボンが作れるだろうかと不安でしたが、こんな私でも簡単にできたことにとても驚きました(笑)そのことが自信になって、サロンを開きたいという夢もあり、思い切ってディプロマ(資格)を取得して、教えるようになりました。

Q.サロンを立ち上げてから苦労はありましたか?

いっぱいあります(笑)

まず、転勤族ということもあって、知り合いや友人はほとんどいません。

ですので、本当にお客さんが来てくれるのかわかりませんでしたし、集客がうまくいかなかった時も相談する相手がいないので、とても不安でした。

それと、ハンドメイド経験がある方とそうでない方ではやはりスピードが全然違うので、それぞれに合わせてどのように教えていけばいいかで悩んだ時もありました。

Q.それはどうやって乗り越えたのですか?

盛岡でもたくさんのイベントがあるので、できる限りイベントに参加してご縁を繋がせて頂きました。

そうすると、イベントに来てくださった方のお友達をご紹介して頂いたり、出店仲間もできるようになって、少しずつですが自宅サロンでの集客もできるようになっていました。また、ブログやSNSをコツコツ更新していくことで、こちらも少しずつではありますが、お申し込みが入るようになったんです。

教え方は、まだまだ勉強中ですが、できるだけ丁寧にサポートできるよう心がけています。

Q.リボンワークを教えていて嬉しかったことはありますか?

たくさんあります♪

特に生徒さんたちがリボンワークを受講し終わった時に、

  • 気分転換になった
  • とっても癒された
  • 女子力が上がったかも

と言っていただけた時は、とても嬉しかったですね。

Q.今後はどんな展開を?

私自身転勤族で、転勤するのが辛いとか嫌だっていう人も多いと思うんです。見知らぬ土地で生活するって想像以上に大変ですからね。でも、いや、だからこそ転勤族ヤダっという概念を崩したいって思っています。

毎日泣いて過ごしていたけど、その土地にしかないものもたくさんありますし、周りにいる人たちはとても優しい人ばかり。だからこそ、転勤族の女性に自分の殻に閉じこもってないで勇気を持って行動して欲しい!と思っています。

 

リボンワークを通してでも他のことでもいいと思うんです。

一歩前に踏み出すことをきっかけに、毎日が楽しいって言える女性が増えてもらえたら嬉しいです。

Petit Chaleur

代表 福田友里

ブログ:https://ameblo.jp/petitchaleur88/
Facebook:https://www.facebook.com/profile.php?id=100015500528948

この記事を書いている人 - WRITER -
もりもり盛岡の運営スタッフ。好きなことは、美味しいものを食べること。マイブームはパン屋さん巡り!嫌いなものは、氷点下の寒さ。盛岡の冬って、どうしてこんなに寒いのでしょう...。
 

Copyright© もりもり盛岡 , 2017 All Rights Reserved.